成功への鍵: TOEICスコアを引き上げる効果的な学習戦略

                           この記事には広告が含まれています
英語学習

あなたは仕事で英語を使う機会が増えてきたと感じていませんか?あるいは、キャリアアップのために英語のスキルを証明する必要があると思っていませんか?しかし、仕事が忙しくて、なかなか英語の勉強に時間を割けないという悩みを抱えているのではないでしょうか?

 

私もそうでした。私は40代の会社員で、海外との取引が多い部署に異動になりました。英語が必須のスキルになったのですが、私のTOEICスコアは600点台でした。上司からは、半年以内に800点以上にするように言われましたが、仕事が忙しくて、毎日の勉強時間はせいぜい30分程度でした。どうすれば、効率的にスコアを上げることができるのか、悩んでいました。

 

そこで、私は英会話の学習戦略を実践しました。それは、TOEICの出題傾向を分析し、自分の弱点を克服するための計画的な学習方法です。この学習方法によって、私は半年でTOEIC885点を取ることができました。しかも、毎日の勉強時間は平均40分程度でした。

 

このブログ記事では、私が実践した学習戦略を紹介します。この記事を読むことで仕事が忙しい中でもTOEICスコアを飛躍的に上げることができます。ぜひ、この記事を参考にして、あなたの英語力を高めてください。

 

TOEIC L & R TEST 出る単特急 金のフレーズ

TOEIC L&R TEST 出る単特急 金の熟語

 

TOEICの出題傾向を分析する

TOEICスコアを上げるためには、まず、TOEICの出題傾向を分析することが重要です。TOEICは、リスニングとリーディングの2つのセクションからなり、それぞれに4つのパートがあります。各パートの出題内容と配点は以下の通りです。

セクション パート 出題内容 問題数 配点
リスニング 1 写真に関する質問 6 6
リスニング 2 応答に関する質問 25 25
リスニング 3 会話に関する質問 39 39
リスニング 4 短い講話に関する質問 30 30
リーディング 5 文法・語彙に関する問題 30 30
リーディング 6 文の空所補充に関する問題 16 16
リーディング 7 長文読解に関する問題 29 29
リーディング 8 二重長文読解に関する問題 20 20

 

この表からわかるように、TOEICでは、リスニングとリーディングの各セクションで100点ずつ、合計200点が満点となります。また、リスニングでは、会話と講話のパートが多くの配点を占めています。リーディングでは、文法・語彙と長文読解のパートが重要です。

 

TOEICの出題傾向を分析することで、自分の得意・不得意な分野を把握することができます。例えば、私は、リスニングの会話パートとリーディングの文法・語彙パートが苦手でした。そのため、これらのパートに重点的に取り組む必要があると判断しました。

 

逆に、リスニングの写真パートやリーディングの二重長文パートは得意でした。そのため、これらのパートはあまり時間をかけずに済ませることができました。

 

あなたも、自分の得意・不得意な分野を知ることで、効率的に学習することができます。そのためには、まず、公式の模擬テストや過去問を受けて、自分の現在のレベルを把握することが必要です。その際、各パートの正答率や解答時間を記録しておくと、自分の弱点を見つけやすくなります。

 

リスニングとリーディングに対する効果的な学習方法を知る

TOEICの出題傾向を分析したら、次に、TOEICの各セクションに対する効果的な学習方法を知ることが必要です。TOEICの各セクションでは、異なるスキルや知識が求められます。そのため、各セクションに応じて、適切な教材やツールを選ぶことが重要です。

 

リスニングでは、英語の音声に慣れることと、英語の発音やイントネーションを理解することが重要です。以下のような教材やツールを推奨します。

 

TOEIC公式問題集: TOEICの出題形式に慣れるために、TOEIC公式問題集を使って模擬試験を受けました。公式問題集には、CDが付属しているので、音声を聞きながら問題を解くことができます。また、解答解説には、なぜその答えが正しいのか、どのような聞き取りポイントがあるのかが書かれています。

TOEIC公式問題集

 

英会話アプリ:TOEICのリスニング問題は、スピードが速く、発音が不明瞭になることがあります。そのため、リスニング力を鍛えることが必要です。英会話アプリにはTOEIC試験コースが用意されているところもあり、リスニング対策としてこれを活用することをおすすめします。


英語学習の新定番!スタディサプリ ENGLISH

 

TOEICのリーディング問題は、長文であることが多く、専門用語や複雑な文章構造が含まれる場合があります。リーディング力を鍛えるためには、英語のニュースや雑誌を読んだり、英語の小説を読むことがおすすめです。また、語彙と文法力を強化するために、英語アプリを活用することも効果的です。


TOEIC対策は、最小の努力で最大の結果を『SHADOM ENGLiSH』

 

TOEICのスコアを目標に応じて引き上げるための学習計画を立てる

TOEICの出題傾向を分析し、TOEICの各セクションに対する効果的な学習方法を知ったら、次に、TOEICのスコアを目標に応じて引き上げるための学習計画を立てることが必要です。

 

目標スコアを設定する際には、具体的に設定することも重要です。具体的に設定するとは、目標スコアだけでなく、目標スコアに到達するために必要な正答数や正答率、目標スコアに到達するための期限などを設定することです。例えば、半年後に600点を目指すという目標を設定した場合、具体的に設定するとおおよそ以下のようになります。なお、実際のスコアは、試験の難易度や受験者の分布によって変わりますので、あくまで参考値としてください。
目標スコア: 600点
必要な正答数: リスニングで70問、リーディングで70問
必要な正答率: リスニングで70%、リーディングで70%
期限: 半年後のTOEICの試験日

 

学習時間を決める際には、毎日学習することが重要です。毎日学習することで、英語の知識やスキルを定着させることができます。また、学習の習慣を作ることで、学習のモチベーションを保つことができます。

 

例えば、目標スコアに到達するために必要な学習時間が300時間だとしたら、毎日1時間学習すれば、約10ヶ月で目標スコアに到達することができます。しかし、毎日学習しないと、学習時間が増えたり、学習効果が減ったりする可能性があります。

 

学習時間を決める際には、自分に合った時間帯を選ぶことも重要です。自分に合った時間帯とは、自分の集中力や気分が高い時間帯のことです。例えば、朝型の人は、朝早く起きて学習することが効果的です。逆に、夜型の人は、夜遅くまで学習することが効果的です。自分に合った時間帯を選ぶことで、学習の効率や楽しさを高めることができます。

 

まとめ

TOEICスコアを引き上げる効果的な学習戦略を紹介しました。この学習戦略は、以下の3つのステップからなります。

・TOEICの出題傾向を分析する: TOEICの出題傾向を分析することで、自分の得意・不得意な分野を把握する

 ことができます。
・TOEICの各セクションに対する効果的な学習方法を知る: TOEICの各セクションに対する効果的な学習方法

 を知ることで、自分に合った教材やツールを選ぶことができます。
・TOEICのスコアを目標に応じて引き上げるための学習計画を立てる: TOEICのスコアを目標に応じて引き上

 げるための学習計画を立てることで、計画的に学習することができます。

この学習戦略を参考にして、あなたのTOEICスコアを引き上げてください。あなたの英語力が高まることを願っています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました