英語圏とフランス語圏が混在する街、モントリオール

海外旅行

モントリオールはカナダ東部に位置しセントローレンス川沿いにある都市で、その魅力は言葉も尽くせません。美しい歴史的建造物、活気あるストリート、美食の宝庫、そして人々の温かいおもてなしが魅力です。

 

過去、カナダはイギリスとフランスの植民地の時代があり、イギリス系とフランス系も入植者が多く存在しました。その歴史的な背景から、カナダの公用語は英語とフランス語となっています。

地球の歩き方(カナダ)

 

モントロイヤル広場とノートルダム寺院

まずは、モントリオールの象徴的なスポットであるモントロイヤル広場からスタートしましょう。この広場は、歴史的なモントリオール市庁舎や美しいノートルダム寺院があり、美しい庭園で囲まれています。モントロイヤル広場からは、市内のパノラマビューを一望することができます。

 

ビエール通りとオールドモントリオール

ビエール通りは、オールドモントリオール地区のメインストリートであり、石畳の道やカラフルな建物が特徴です。ここでは、カフェやレストランでの食事やおしゃれなショッピングが楽しめます。また、オールドモントリオールには多くの歴史的な建物や美術館があり、ヨーロッパの雰囲気を感じることができます。

 

モンロイヤル公園

カナダの魅力的な都市、モントリオールに位置するモンロイヤル公園は、市内でも屈指の自然美と歴史的な価値を兼ね備えた名所です。この美しい公園は、観光客や地元の人々にとって穏やかな避暑地であり、憩いの場となっています。

地球の歩き方(カナダ)

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました